2021年07月19日

Z601(V2) 仕上げ(ツキ板編)

昨日の続き・・・ってコトで、今回用意したのはツキ板シート専門店「ツキ板屋GIFU」さんの「ウォールナット板目450✕900クイックタイプ(裏面シール付き)」

R0024455.jpg

簡単に説明すると、木材を薄〜くスライスしてシート状にしたものに、裏面をシール加工して簡単に貼り付ける事の出来る様になった商品です。

R0024464.jpg

ってコトで、早速貼り付け〜! 貼り付ける面よりも一回り大きく切り出して行きます・・・。

R0024465.jpg

乗っけてみるとこんな感じ・・・一回り大きい。

R0024467.jpg

昨日塗った時にはみ出た塗料は400番のペーパーでならして雑巾で綺麗にしたら・・・ツキ板シートの接着面の保護シールを剥がしていざ接着!

R0024470.jpg

あらかじめAmazonで購入しといたローラーでゴロゴロと圧着。

R0024473.jpg

はみ出した部分はカッターを縁に沿ってカット! あまり力を入れないで、2〜3回に分けてなぞる方が綺麗に切れるかも。。。

R0024474.jpg

ちょっぴりハミ出た部分はペーパーで優しくヤスってやるだけで綺麗に収まります。

R0024479.jpg

それを4面繰り返し・・・2個目になるとだいぶ慣れて・・・なんとも良い感じで完成〜! 思ってたよりも簡単に、想像以上に美しく貼り付ける事ができました♪

R0024482.jpg

角の処理がちょっぴり心配だったけど、普通に売ってる商品の様になったかも・・・特に面取りとかしなかったけど、なんかこれが正解みたいだわ♪

R0024488.jpg

その勢いに乗って、貼り付けたツキ板部分を「荏油」で拭き上げます!

R0024543.jpg

って・・・ちょっぴりツヤが出てメッチャ良い感じに仕上がった♪ つーか、もうこれ商品として売り出せるんじゃない?!(自画自賛)

R0024548.jpg

つーコトで、仕上げの荏油が乾くの待ってられずに、とりあえずの試聴タイム・・・って、なんか以前よりさらに良い感じで鳴ってくれる〜!(たぶんプラシーボ効果です)

R0024675.jpg

後は・・・現在メインで使ってるこいつも同じ様に仕上げてやろうかと思ってたけど・・・やっぱり涼しくなってからにしよっと。

R0024686.jpg




  
posted by しらかわ at 21:13| 石川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月18日

Z601(V2) 仕上げ(塗装編)

今年の正月に組み上げてから色々と楽しませてもらってきた「音工房Z」さんのエンクロージャー「Z601(V2)」なんですが・・・やっとこさ重い腰を上げて、スピーカーらしく綺麗に仕上げてやることにしました。

R0024343.jpg

つーコトで、いったんユニット等を取り外して・・・

R0024345.jpg

表面の凸凹を無くす様に(指で触って継ぎ目の凸凹が判らなくなる位まで)ペーパーがけ・・・って、これが意外と時間かかって大変(暑い時期にやるもんじゃない)だった・・・。

R0024348.jpg

キレイにペーパーがけが終わったところで、塗装作業にとりかかります。 今回はターナーさんのミルクペイント(インクブラック)をチョイス! 水性塗料なんで冷房の効いた室内で作業出来るのが有り難い・・・♪

R0024382.jpg

ペタペタと塗り上げていきます。 刷毛目が出るけど気にしない・・・と言うか、乾くと半ツヤになって刷毛目が気にならなくなる(らしい)のがこの塗料の良いところ♪

R0024386.jpg

と言うか、このバスレフポートを先に塗っておけばよかった・・・一番奥まで筆が届かなかったけども、そんな奥まで見えないからOKってコトで・・・。

R0024388.jpg

表面裏面共に二度塗りし終わったところで本日は終了〜♪ 塗り終わってから思ったけど、ミルクペイントの塗膜が相当ぶ厚いんで、仕上げは400番までしなくてよかったかも・・・

R0024390.jpg

ちなみに・・・側面天面は違う仕上げ方法を施して、高級スピーカーらしく仕上げてやろうかと思ってます♪ つーコトで、明日に続く予定・・・


  
posted by しらかわ at 18:00| 石川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月27日

Amazon Music HD

昨日の続き・・・

R0024153.jpg

「fire tv stick」を導入したついで・・・ってわけでもないけど、Amazonさんの音楽コンテンツ「Amazon Music HD」を導入しました〜!

R0024153ss.jpg

ってゆーか、今現在「Amazon Music Unlimited」に加入すると0円で「Amazon Music HD」にアップグレード出来るキャンペーンやってて、なんか凄くお得な様な気がして勢いついちゃった♪

010s.jpg

って、よくよく見たら・・・端末の性能が追いついてない? やっぱ安物中華プロジェクター経由だと、このあたりが限界ってコトなんでしょうか?

R0024153s.jpg

まあ、もともとの目的が「Amazon Music Prime」で聴く事の出来なかった音源を聴くためのアップバージョンだったで、ハイレゾ化はおまけみたいなものですよね・・・でもなんかちょっと悔しい。。。

R0024156.jpg

それでもCD音質化は実現してるんでそれなりに満足・・・と言うか、やっぱり聴きたかった曲が聴ける様になったのは素直に嬉しいわ〜♪

R0024163.jpg

特にこの昔の録音の音源が凄くイイ! サーカスの皆さんの若い見た目もだけど、美しくハリのある歌声が素晴らしい・・・その昔これが流行ったわけが判る・・・♪

R0024165.jpg

ちなみに・・・メインパソコンで出力した「Amazon Music HD」を見たら・・・

008s.jpg

まあまあイイとこまで出てる?(UIが若干FireTVと違う)

009ss.jpg

ま、自作フルレンジスピーカーで鳴らしてるウチの環境を考えるとハイレゾが必要とも思えないんで、しばらくはお手軽な「fire tv stick」で楽しみたいと思います♪


  
posted by しらかわ at 23:10| 石川 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月07日

差し入れと図面

いつも美味しい差し入れ持ってきてくれる友達が、またまた素敵なオヤツの差し入れをもってきてくれました!

R0023200.jpg

ずっしりとした手応えを感じる、2種類のクリームがたっぷりと詰まった凄いヤツ・・・

R0023205.jpg

そんな美味しいオヤツを食べながら、こないだから作ってたスピーカーの箱の話になって・・・その図面(と言うか板取図)の話が出て、ホームセンターに持っていく用としてノートに書き記した物を見てもらったんですが・・・

R0023214.jpg

もしかして需要あるんかな〜とか思って・・・手書きでアレなんだけど、とりあえずUPしときます。 厚さ12ミリのMDF材910✕910から板取できる寸法で書いてあります。 そしてこちらが組み立て図・・・(組み方は少し違います)

02a.jpg

テレビの横に置くつもりで細長で作ったけど、そのあたりの寸法はお好みで・・・。 ちなみに近所のホームセンターカーマさんでは、こんな感じで図面を書いてあっても丁寧にカットしてくれました。 気になる方もしくは作っちゃおうって方は(どんな音になるかは保証できんけど)是非どうぞ〜♪

posted by しらかわ at 20:10| 石川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

聴き比べ

P1000K用に作った箱が思ったよりもイイ感じで鳴ってくれたので、現在寝室のメインスピーカーとなってる「Z601(V2)+FF85WK」の組み合わせと対決聴き比べをしてみるべく寝室へ・・・

R0022505.jpg

聴き比べると・・・音の傾向がすごく似てる! 口径の違いでかP1000Kの方が低音の出かたが強めな気もするけど、聴き比べてるとどっちがどっちか判らなくなったりして・・・。

R0022452.jpg

ボーカルメインの音源だとその違いの差がさらに無くなって、確認しててもマジでどっちだか全然わかんない!

R0022482.jpg

どうにもイイ感じなんで、メインスピーカーの位置に置き換えて聴いてみると・・・P1000Kをメインにしてもいいかも?!

R0022757.jpg

聴き込んでいくと、なんとなく曲によっては違いがある様な気がする・・・

R0022835.jpg

最近は昔の曲をよく聴いてるんだけども・・・若い頃のユーミンってなんかすごく歌が上手いよね・・・って、これ言っちゃいけないやつ?

R0022899.jpg

YouTubeで昔のFM放送を録音したヤツがあったりするけど、意外なくらい音がイイよね。 むろん今の高音質な音源とは比べる物ではないけども、雰囲気があると言うか聞きやすいと言うか何ともイイ感じ♪

R0022918.jpg

聴き比べ・・・とかって書いちゃったけども、しばらくはこの2台をいろんな音源で楽しんでみようと思います♪

R0023210.jpg



  
posted by しらかわ at 12:38| 石川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月04日

P1000K新作箱試聴

昨日の続き・・・一晩置いて接着剤も完全に乾きガッチリと接着できたのでとりあえずの箱に装着してたP1000Kを新作箱に移植します!

R0022250.jpg

ターミナルは差し込み式のヤツをチョイス。 穴あけは最小限ですませたいタイプです。

R0022251.jpg

内側から見るとこんな感じ・・・

R0022253.jpg

吸音材は有り合わせの物で済ませようかと思ったけど、ミクロンウールとかいう何か良さげなヤツがあったので使ってみる事に・・・

R0022255.jpg

それを箱の内側に少し・・・側面片側と天面に貼り付けます。

R0022259.jpg

いざ貼ろうと思ったら意外と厚みがあったので、半分に剥がして(薄くして)接着。

R0022261.jpg

そんなこんなあって無事完成・・・いや、まだ塗装とかもしたいんで、とりあえずの完成♪

R0022267.jpg

つーコトで、さっそく居間のテレビの横に持ってきて試聴タイム・・・って、いきなりの太い低音にビビった! 低音成分多めの林檎ちゃんのミュージックビデオと言う事を差し引いてもかなりの鳴りっぷり♪

R0022271.jpg

前の箱の時よりも、さらに1段低いところの音域が強烈に響いてる!

R0022285.jpg

その他の音源もいろいろ試してみたけども、変なダブつきもなく自然に低域が伸びてるのが感じられます♪

R0022343.jpg

さらには生楽器の艶やかさもより鮮明に・・・高音域の伸びる要素は無い気もするけど、そのへんは気持ちの問題?

R0022384.jpg

生楽器を従えて歌う林檎ちゃんの歌声がまた素晴らしい・・・箱が違うだけでこんなに音の違いが出るとは思わんかったわ。

R0022400.jpg

P1000Kで箱を自作しようと思ってる方は、ちょっと大きめが良さげなんでお試しを〜♪


  
posted by しらかわ at 22:51| 石川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月03日

P1000K用箱作り

とりあえず有り合わせの箱に入れたけどもイイ感じで鳴ってくれてたFostexさんのフルレンジユニット「P1000K」ですが、そろそろちゃんとした箱に入れて鳴らしてやろうと思い、やっとこさ重い腰を上げました。

R0022076.jpg

とか言っても、板材のカットはホームセンターにお願いしてキッチリ楽してバッチリ良い感じ♪ そして今回の設計は・・・オーソドックスなバスレフ箱! 推奨箱よりも一回り大きめで、バスレフポートはスリット型に・・・。

01.jpg

板を仮置してみると、なんとなく形がわかっていただけるかと・・・ピシッと垂直にカットされてると、置いただけでしっかり形になりますね♪

R0022083.jpg

と言うコトで、自分でやる唯一の工作の穴あけ作業。 以前の材料に比べると硬くて大変だった・・・厚さ12mmの板にしといて良かったわ。

R0022126.jpg

そんなこんなでいざ接着! 内容積はまあまあ余裕があるので、気休め的に余った材で補強の桟を多めに入れてます。

R0022132.jpg

ちなみに今回はクランプを買ってきたので、しっかり圧着できるかな・・・と思ったけど、オレの使い方が悪いのか圧をかけると接着面がズレて上手く接着できない・・・。

R0022139.jpg


と言うコトで、今回も重力の力を借りてそれなりの圧で接着。 接着時間の早いタイトボンドを使用したので接着作業そのものはサクサク進んだけど、途中ズレが出たのを直してたりでなんやかんや時間かかったわ。

R0022137.jpg

そんなこんなでイイ時間になったんで、1晩寝かせるなんてコトしなくてもイイんだけど今日はこのまま放置プレイ。 今回は慎重にゆっくりと作業しようと思ってたけども、結局最後はやっつけ仕事になったかも。。。


  
posted by しらかわ at 19:00| 石川 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

P1000KとZ601(V2)

P1000Kを居間に持って・・・行く前に、居間のZ601(V2)を寝室に持ってきちゃった♪

R0021406.jpg

フルレンジ同士の対決ってコトで、JBLと比べるのよりは差が出ないかなと思ったけど・・・やっぱり違いありました! P1000Kの方が全体的にソフトでボリューミーな感じに対し、Z601はクリアでタイトなキリッとした音質。

R0021416.jpg

どちらが良いとか悪いとかではなく、音の傾向の違いとしか言いようのない、まさに好みの問題かと・・・

R0021455.jpg

ちなみに、P1000Kのバスレフポートは最初の110ミリに戻しました。 そんなに違いは無い用にも思えたけど、まあ気分の問題ですね。

R0021484.jpg

そーいや、このマイケルジャクソンのアルバム、その当時予約して買ったんだよな〜、懐かしいわ〜。 このイーグルスのアルバムも確か持ってたと思うけど、捨ててないからまだ物置の奥に眠ってるはず。 

R0021490.jpg

Amazon Musicで音楽を聞くようになってから、昔よく聴いてた楽曲をまた聞くようになってるんだけど・・・あらためて聴いてみると、意外なくらい音が良いんだよね。 昔懐かしいヤツ、もっと色々と聞いてみよ〜っと♪


  
posted by しらかわ at 15:32| 石川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月22日

P1000KとJBL

昨日の続き・・・ってコトで、P1000Kをウチのオーディオルーム(寝室だけど)に持ち込んでメインスピーカーのJBLと聴き比べ〜♪

R0021013.jpg

って、さらにイイ感じで鳴ってる!? つか、低音域の迫力だけならP1000Kが上か?!

R0021024.jpg

聴き比べるとさすがにP1000Kの方は高音域があまり出てないのは感じる・・・しかし、しばらく聴いてるとコレでもイイんじゃないかと言う気分にもなってくる・・・。

R0021034.jpg

オレが歳とって高音域が聞こづらくなってると言うのはあるとしても・・・なんと言うか、リラックスして聴けると言うか・・・安心出来ると言うか・・・

R0021064.jpg

音の表現って難しいよね。 ・・・ってコトで、せっかくなんでバスレフポートの長さを変えてみるコトに(現在内径40ミリの長さ110ミリ)! まずは長さ70ミリになる塩ビ管に差し替え♪

R0021144.jpg

これは・・・なんか微妙な感じ? ちょっぴりオモチャっぽい感じの音になった・・・

R0021161.jpg

次はぐ〜んと長い130ミリのヤツに交換! これだと背面との距離が短すぎる気もするけど・・・ちなみに吸音材は背面だけ残して全部むしり取っちゃってます。 Z601で吸音材はあんまり詰め込まなくても大丈夫なのわかったからね。

R0021165.jpg

これはしっかり低音出てる! でもなんか出過ぎでモッサリしてるような気もする・・・

R0021202.jpg

いろいろな音源でJBLと聴き比べしてると、やはり高音域が足りてないのが気になってくるね・・・P1000Kだけ聴いてれば全然そんなコト無いんだけども・・・。

R0021211.jpg

音量をおさえてしっとりと聴いても良い感じ♪ 聴き比べしといてなんだけど、甲乙つけがたい感じでもうこれは好みの問題だわ。

R0021221.jpg

とりあえずは、もう一度リビングに持っていってそっちで聴きなおしてみよっと。



posted by しらかわ at 23:07| 石川 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

P1000K音出し

先日購入した「Fostex」さんのスピーカーユニット「P1000K」のために、以前作ったP800K用の箱の穴を広げるコトに・・・

R0020755.jpg

オレの要領が悪いのかノコの使い方間違ってるのかわからんけど、エラい時間かかってやっとこさ開通。 ちなみに・・・あけた穴が微妙に小さくて棒ヤスリで広げるのにこれまた時間かかった・・・。

R0020761.jpg

2つ目の穴になると、慣れてきたのかスンナリと・・・。 

R0020768.jpg

そんなこんなあって・・・なんの違和感も無く見事に装着! なんかP1000K用に作った箱だと言い張れば、そうだとしか思えない様な出来栄えになりました♪

R0020905.jpg

つーコトで、さっそく居間に持ち込んで試聴タイム〜! 正月に買った「Z601(V2)」も良かったんだけど、あまりに良過ぎてそれを音楽専用にするため、新たに居間のテレビ用スピーカーとして設置ってわけ♪

R0020909.jpg

って・・・なにこれ、鳴らした瞬間からメチャ良い感じ?! Z601もだったけど、そのサイズからは想像できないほどの迫力ある鳴りっぷり!

R0020951.jpg

ちなみに、普通のテレビ放送の音を普通に聞いてみても悪くない・・・どころか、なんか聞きやすく感じる(ような気がする)から不思議です。

R0020985.jpg

自作箱の自作効果(自分で作ると音が良く聞こえると言う暗示効果)が働いてる事もあるのを差し引いても、なかなかに侮れないポテンシャルを感じます。 これは・・・現在音楽用として使ってる「JBL」と比べてみたくなってきた♪


  
posted by しらかわ at 20:00| 石川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする