2022年01月18日

穆然

昨日の続き・・・武蔵のジェラート屋さんでジェラート食べた後、以前から気になってたお店に行くため近江町市場を横切り尾山町方面へ・・・

R0033751.jpg

確かこの通りでいいと思ったんだけども・・・あった!

R0033734.jpg

ちょっと格式高そうな門をくぐり敷石を進むと・・・どうやらここが入り口みたい。

R0033735.jpg

お店に入ると奥に長い奥行きのある店内・・・お客さんはオレ以外に居ない雰囲気・・・すると店主さんが、カウンターの一番奥にどうぞ・・・と案内してくれたので・・・

R0033741.jpg

店内の特等席に着席♪ お店の雰囲気的に夜はバーになるようですが、昼間は喫茶店としても営業してると言うコトで・・・さっそくコーヒーを注文♪

R0033737.jpg

すると、BGM的にかかってたPC音源の音楽が止まり、なにも言わずにレコードに針を落としアンプのレベルをぐいっとUP!

R0033743.jpg

オレはコーヒーしか注文してないけども、何を求めて来たのか言わずとも判ってくれてるみたい。。。

R0033748.jpg

と言うか、何か言おうと思っても音量がデカ過ぎて会話にならない感じ・・・(笑)

R0033746.jpg

ゆっくりと音楽だけを楽しむ時間・・・まさに音を身体で感じる事の出来る、なんとも居心地の良い空間(お店)となっておりました♪

R0033745.jpg

次回はもっとゆっくりできるよう夜に来てみよ〜っと♪

posted by しらかわ at 09:44| 石川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月16日

Φ50mm×89mm→Φ66mm×180mm

先週のバスレフダクト交換に引き続き、またまた新しくバスレフダクトを作っちゃいました。 今回は家に有った内径66mmの紙パイプ(カレンダーが入ってた筒)を再利用してΦ50mm×89mmと同じfd値になるようにΦ66mm×180mmを作成。

IMG_5032.jpg

パイプの厚みが1mmと心許ないんで、あんまり意味ないと思うけどガムテープで補強・・・てか、やっつけ仕事感満載な仕上がりになってきた・・・

IMG_5035.jpg

↑は一番最初のテーパーダクトと比較・・・↓はΦ50mm×89mmのと比べてみました。

IMG_5144.jpg

径を比較するとこんな感じ・・・Φ50mmとΦ66mmだと結構な差があるように見えるね・・・。

IMG_5146.jpg

さっそく取り付けようとしたら、ネジ穴の位置が違ってた・・・んで、両面テープでくっつける事に。 やっつけ仕事というか、なんかもうかなり適当になってきた・・・。

IMG_5150.jpg

けど、音を出してみたら中々いい感じ?! Φ50mm×89mmとfd値は同じなんだから当たり前・・・なのか?

IMG_5276.jpg

よくわからんままに色々と聴き比べると・・・大きい音の時はいいけど小さい音にすると何だか気持ち寂しい感じに・・・。

IMG_5308.jpg

あらためて爆音で聞いてみると・・・やっぱり悪くない♪(夜中に爆音は近所迷惑なので程々に・・・)

IMG_5291.jpg

なんだかもう何が良いのかわからんくなってきた・・・週末にでもまたゆっくりとダクトを交換しながら聴き比べるとします・・・。

posted by しらかわ at 11:50| 石川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月10日

Φ50mm×59mm→Φ50mm×89mm

前回バスレフダクトをΦ50mm×59mmの短いのに交換したらメチャいい感じになったのですが・・・

IMG_4621.jpg

せっかくΦ50mm×89mmも作ったので、今回そっちに交換してやるコトに・・・計算上は長いのと短いのの中間的な特性になってるはずなんだけど・・・

ff125 02a.jpg

つーコトで、とりあえずで交換してみたら、なんかこれもイイかも?・・・てか、こっちの方が良いかも?!

IMG_4642.jpg

低音域のボリュームはあきらかにこちらの方が上ですね・・・♪

IMG_4944.jpg

これはますます悩んでしまいそうな事態になってきた・・・と言うか、実はもう一つ径と長さの違うバスレフダクト作ってるんだけど・・・

IMG_4717.jpg

しばらくの間は色々とこいつで遊べそうな・・・そんな雰囲気になっております・・・♪


  

posted by しらかわ at 13:58| 石川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月01日

バスレフダクト交換

先週の箱作りに引き続き「FF125wk」の真の力を引き出すべく、バスレフダクトをちょこっといじくってやろうかと・・・

R0031557.jpg

内径50mmで長さ50mmと80mmの紙管ダクトを用意しました!(現在は内径50mm長さ143mm)

R0031560.jpg

現在使ってるヤツを切って使うってコトも考えたけど、それじゃ面白くないだろってコトで・・・と言うか、密閉化も考えてフタを出来る様な仕様にもしようかと・・・

R0031568.jpg

とりあえず2種類のバスレフダクトを・・・

R0031573.jpg

9mm厚のMDFボードの厚みも入れて、59mmと89mmの二種類を作成しました。

IMG_4342.jpg

ちなみに今現在143mmの時は「fd=52Hz」(テーパー状なので実際はもう少し低いと思われます)で、グラフを見ると80〜100Hzあたりに凹みがあります。

ff125 01a.jpg

と言うコトで、最初は一気に59mmをセット!

IMG_4345.jpg

計算上は「fd=71Hz」まで上がるってコトになるけど・・・グラフ的には70〜80Hzあたりに山が出来て、なんとなく音の性格が想像できる・・・。

ff125 03a.jpg

そんなこんなで、さっそく音出し〜! てか、当然ボンドは生乾き?(2時間くらいは時間置いた)

IMG_4373.jpg

いきなり凄い低音来た! 凄いと言うか、しっかりとした低音?! グラフのとおり70〜80Hzくらいに山が出来てる感じの低音を感じる・・・と言うか、やっぱりそのあたりが出てないと物足りない低音になるんだね。

IMG_4374.jpg

写真は林檎ちゃんばっかだけども色々と音源を変えて聞くと・・・元々の定位感の良さからボーカル系が得意だったトコに、低域の厚さからくる全体的な力強さを得て大編成のバンド系とかもイイ感じ♪

IMG_4400.jpg

なんか一気にイイ感じになって、逆に困った・・・他に計画してたのどうしよう・・・。 ま、ヒマ見てボチボチ交換しながら聴き比べしていきます・・・♪

IMG_4425.jpg




  

posted by しらかわ at 13:01| 石川 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月23日

FF125WK 箱作り二日目

一昨日の続き・・・ってコトで、一晩おいた翌日は朝から箱のペーパーがけ・・・それなりに綺麗に仕上げて(230番のペーパーまで)と言っても、それなりにデコボコが出来てたんでそれなりに時間かかったわ。。。

R0031103.jpg

写真↑はバスレフダクトをはめ込んだ写真ですが、ちょっぴり緩かったんでマスキングテープでかさ増ししてピッタリハマる様にします。

R0031110.jpg

ゆるいテーパー状になってるのがわかりますね・・・どんな効果があるのかはわからんけど。。。

R0031111.jpg

そして内部に補強用の材(カットのさいの半端になったヤツ)をペタペタと貼り付けて・・・こんなのでも、指で板を弾くとコンコンというのがコツコツってなるから効果はあると思う・・・良いか悪いは知らんけど。

R0031108.jpg

そしてお約束の吸音材をペタペタと貼り付けたら・・・

R0031115.jpg

ユニットとターミナルを取り付けて完成です! 意外とイイ感じに組み上がった♪

R0031121.jpg

つーコトで、さっそくウチのオーディオルーム(寝室)に持ち込んで・・・ちなみに、以前作ったスタンドにピッタリなのは今回の箱に合わせて作ったからです。

R0031124.jpg

さっそく音出し・・・って、元気の良さは間違いない! けど、ちょっぴり低音が弱い?・・・けど、それなりに出てるのは間違いない。

R0031133.jpg

調べると・・・50〜60Hzあたりは結構出てるんだけどもその上が落ち込んで・・・90〜100にかけて持ち上がってると思ったら125Hzに深い谷が・・・部屋の音響特性もあるだろけど、これだとスッキリした低音が出ないってコトなんですね・・・

R0031139.jpg

ってコトで内振りに設置してみたりしたけど・・・なんか違う・・・。

R0031170.jpg

思い切ってダクトを塞いでみると・・・ダラ下がりの低音特性になるけども、これの方が自然に聞けるかも?! けどもこれだとあきらかに低音不足になるんで・・・

R0031172.jpg

パソコンに付属してたイコライザーで補正・・・って、これだと本末転倒な気がする・・・けど、これはこれで中々良くなったような感じもするし・・・。

R0031174.jpg

箱の仕上げまでもう少し調整(おもにバスレフダクト)するか・・・それともダクトを完全に塞いで別の低音増強策を取るか・・・まだまだ仕上げまでは時間がかかりそうです。



posted by しらかわ at 15:17| 石川 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月21日

FF125WK 箱作り

先日の続き・・・つーコトで、「ホームセンターカーマ」さんのカットサービスにて、MDF材をカットしてもらって来ました!

R0030932.jpg

接着の前に仮組み(置いて並べただけ)してみると・・・カット精度の高さはキット物にはかないませんが、水平垂直がとれて真っ直ぐにカット出来てればもう十分。 つーか、接着の時にズレたりすれば一緒だからそこまで気にしないでOK?!

R0030933.jpg

そして今回は初めて板厚15ミリのMDF材を使用! ってコトで、今回これも初めてのネジ止めを採用!(接着材との併用) 仮組みの時にネジ穴をある程度正確に開けとくと、接着のさいの板のズレが最小限に・・・なってるのか?

R0030962.jpg

ま、その他にも完全硬化まで時間短縮にもなるんで、次の工作にも早く取りかかれると言う利点があったりして・・・ホントは完全硬化を待った方がいいんだろけど・・・。

R0030965.jpg

つーコトで、接着からそんなに時間を置かずにバリバリと穴あけ・・・って、最初に開けとけば良かったような気もするけど、穴の位置は箱になってからのバランスを見てから開けたいよね・・・。

R0030991.jpg

そしてこれも新たな挑戦・・・バスレフポートは海外の高級スピーカーによくある背面ダクト方式を採用! あ、国産の超高級スピーカーも採用してるわ・・・

R0030998.jpg

ダクトを取り付けるとこんな感じ・・・今回は高級路線(?)を目指してテーパーダクトを採用! つか、意外と安かったんで買ってみました・・・

R0030999.jpg

ターミナルの穴も開けて、あとはユニットの取り付けを・・・

R0031001.jpg

と思ったけど、ここでグッと思いとどまり・・・ある程度の仕上げのペーパーがけをしてから取り付けする事に。 あと、内部補強材の取り付けもしたいし、吸音材もある程度入れたいし・・・明日もあるんで慌てないで行きます♪



posted by しらかわ at 18:00| 石川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月18日

FF125WK

「FF85WK」、「P1000K」と、順調にバージョンアップしてきたウチの寝室用スピーカーなんですが・・・今回あらたに「FOSTEX」さんのフルレンジスピーカーユニット「FF125WK」を購入しました!

R0030968.jpg

ユニット口径が少し大きくなったと言うコトで、その存在感も大きくUP! なんかこれだけでもう色々と凄く期待しちゃうトコなんですが・・・

R0030977.jpg

手にとると、その重量もかなりの物・・・ま、重けりゃイイってもんでもないんですけど。。。

R0030979.jpg

例によって、詳細な周波数特性表とかが添付されてたり・・・

R0030986.jpg

いろんな箱の作例も載ってたりで、箱の制作意欲がモリモリ湧いてくる〜♪ ってゆーか、どんな箱にするかはもうだいたい決めてたりするんだけど・・・。

R0030988.jpg

つーコトで、しばらくの間は休みの日は忙しくなりそうな雰囲気です・・・



posted by しらかわ at 17:27| 石川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月17日

パッシブサブウーファーキット

それなりに満足してたウチのパソコン用スピーカー「FOSTEX P800K+自作箱」なんですが・・・小口径フルレンジの低域不足問題に終止符を打つべく、今回新たに新兵器を導入しました!

R0029800.jpg

「音工房Z」さんの「パッシブサブウーファーキット」です! 出来合いのアンプ内蔵のモノを買ってもよかったんですが、それじゃ面白くないですよね♪

R0029805.jpg

つーコトで、サクッと組み立て〜♪ ホームセンターでカットしてもらうよりもさらに精密な木材加工で、組み立てに関しては板がズレないよう気をつけるだけ・・・ま、そこが一番問題なんだけど。

R0029836.jpg

すぐに音出したいところをグッと我慢して・・・今回は仕上げまで一気に行っちゃいます!

R0030115.jpg

正面と裏面はミルクペイントで前日に黒く塗っておいたんで・・・今日は以前使って残ってた「突板シート」を貼り付けていきます!

R0030118.jpg

ペタッと貼り付けてローラーでゴロゴロして・・・

R0030126.jpg

はみ出たトコをカッターで切り落としてキレイにヤスリを当てて・・・

R0030128.jpg

4面貼り終わったらコイツで仕上げます! 箱作りも1個だとなんか楽ちんだね〜♪

R0030130.jpg

塗り込んで行くにつれ色に深みが出てくるのが楽しい〜♪

R0030136.jpg

なんか調子に乗って塗り込み過ぎた・・・? 揮発性が弱くて乾くのに時間がかかるんで、それなりに時間を置いたら拭き取りにかかります・・・。

R0030141.jpg


  
posted by しらかわ at 19:00| 石川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月19日

Z601(V2) 仕上げ(ツキ板編)

昨日の続き・・・ってコトで、今回用意したのはツキ板シート専門店「ツキ板屋GIFU」さんの「ウォールナット板目450✕900クイックタイプ(裏面シール付き)」

R0024455.jpg

簡単に説明すると、木材を薄〜くスライスしてシート状にしたものに、裏面をシール加工して簡単に貼り付ける事の出来る様になった商品です。

R0024464.jpg

ってコトで、早速貼り付け〜! 貼り付ける面よりも一回り大きく切り出して行きます・・・。

R0024465.jpg

乗っけてみるとこんな感じ・・・一回り大きい。

R0024467.jpg

昨日塗った時にはみ出た塗料は400番のペーパーでならして雑巾で綺麗にしたら・・・ツキ板シートの接着面の保護シールを剥がしていざ接着!

R0024470.jpg

あらかじめAmazonで購入しといたローラーでゴロゴロと圧着。

R0024473.jpg

はみ出した部分はカッターを縁に沿ってカット! あまり力を入れないで、2〜3回に分けてなぞる方が綺麗に切れるかも。。。

R0024474.jpg

ちょっぴりハミ出た部分はペーパーで優しくヤスってやるだけで綺麗に収まります。

R0024479.jpg

それを4面繰り返し・・・2個目になるとだいぶ慣れて・・・なんとも良い感じで完成〜! 思ってたよりも簡単に、想像以上に美しく貼り付ける事ができました♪

R0024482.jpg

角の処理がちょっぴり心配だったけど、普通に売ってる商品の様になったかも・・・特に面取りとかしなかったけど、なんかこれが正解みたいだわ♪

R0024488.jpg

その勢いに乗って、貼り付けたツキ板部分を「荏油」で拭き上げます!

R0024543.jpg

って・・・ちょっぴりツヤが出てメッチャ良い感じに仕上がった♪ つーか、もうこれ商品として売り出せるんじゃない?!(自画自賛)

R0024548.jpg

つーコトで、仕上げの荏油が乾くの待ってられずに、とりあえずの試聴タイム・・・って、なんか以前よりさらに良い感じで鳴ってくれる〜!(たぶんプラシーボ効果です)

R0024675.jpg

後は・・・現在メインで使ってるこいつも同じ様に仕上げてやろうかと思ってたけど・・・やっぱり涼しくなってからにしよっと。

R0024686.jpg




  
posted by しらかわ at 21:13| 石川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月18日

Z601(V2) 仕上げ(塗装編)

今年の正月に組み上げてから色々と楽しませてもらってきた「音工房Z」さんのエンクロージャー「Z601(V2)」なんですが・・・やっとこさ重い腰を上げて、スピーカーらしく綺麗に仕上げてやることにしました。

R0024343.jpg

つーコトで、いったんユニット等を取り外して・・・

R0024345.jpg

表面の凸凹を無くす様に(指で触って継ぎ目の凸凹が判らなくなる位まで)ペーパーがけ・・・って、これが意外と時間かかって大変(暑い時期にやるもんじゃない)だった・・・。

R0024348.jpg

キレイにペーパーがけが終わったところで、塗装作業にとりかかります。 今回はターナーさんのミルクペイント(インクブラック)をチョイス! 水性塗料なんで冷房の効いた室内で作業出来るのが有り難い・・・♪

R0024382.jpg

ペタペタと塗り上げていきます。 刷毛目が出るけど気にしない・・・と言うか、乾くと半ツヤになって刷毛目が気にならなくなる(らしい)のがこの塗料の良いところ♪

R0024386.jpg

と言うか、このバスレフポートを先に塗っておけばよかった・・・一番奥まで筆が届かなかったけども、そんな奥まで見えないからOKってコトで・・・。

R0024388.jpg

表面裏面共に二度塗りし終わったところで本日は終了〜♪ 塗り終わってから思ったけど、ミルクペイントの塗膜が相当ぶ厚いんで、仕上げは400番までしなくてよかったかも・・・

R0024390.jpg

ちなみに・・・側面天面は違う仕上げ方法を施して、高級スピーカーらしく仕上げてやろうかと思ってます♪ つーコトで、明日に続く予定・・・


  
posted by しらかわ at 18:00| 石川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする