2020年07月10日

中華プロジェクター

今週もAmazonさんからまあまあ大きめな荷物が届きました・・・

R0013148.jpg

以前から寝室で音楽聞く時にはパソコンやスマホいじりながらだったのですが、中国製プロジェクターがそれなりに使えそうな感じになって来たと言うのをチラホラ聞くんで・・・人柱覚悟でこいつを購入!

R0013151.jpg

 って、すでに箱が薄汚れてるのが気になる・・・箱から取り出すしても何かオモチャ感満点の造りで、もう使う前から不安しかない・・・

R0013154.jpg

入力端子は色々あるみたいだけど・・・これだけ有ればどれか繋がるだろ・・・きっと。

R0013156.jpg

付属品は、リモコンや訳のわかんないアダプターやケーブル類・・・HDMIケーブルが付いてるけど、なんか微妙に短かくて使えなさそう・・・。

R0013158.jpg

レンズは大きくて立派・・・ここだけが期待できるポイント・・・なのか?

R0013161.jpg

つーコトで、さっそく寝室のローテーブル(自分の着席位置の前)に設置。 壁面から約2メートルのトコに置いた・・・けど、これ以上投影距離が短いとピントが合わない事を確認。

R0013163.jpg

HDMIケーブルでパソコンに繋いで手動の台形補正で画像を調整すると・・・中々にイイ感じに映る!? 明るさや色味の調整も出来るみたいだけど、デフォルトでほぼ満足のいく感じです。 ま、部屋の壁に投影してる時点でそこまでは求めてないんだけども・・・。

R0013183.jpg

ただ、テキストを投影すると・・・画面全体にピントが来てないわ。 上の方を合わせると下の方がボケるし、下を合わせると上がボケる・・・真ん中を合わせてもなんかイマイチ?!

R0013259.jpg

どうやら手動台形補正(上下のみ)を使うとそれが激しくなる感じ・・・ならばと、1メートルほどカラーボックスで持ち上げて壁に垂直に投影(着座位置の後に設置)すると・・・なんとか全面にピントが来るようになった?!

R0013286.jpg

投影距離が長くなって(壁面から3メートルくらい)さらに投影面積が大きくなった(100インチくらい?)けど、立ち上がるたびにオレの頭が映り込むようにもなった・・・。 おまけに、そんなに静かではないファンの音が頭のすぐ上に設置する事でさらに煩く感じるように・・・。

R0013309.jpg

なんかネガティブなトコばっかり気になるけど、値段を考えるとそれなりな気もする。 設置場所が固定されるけども、それさえ気にしなければオレの求めてる性能はクリアしてるし・・・。 今度の休みは、設置する台をなんとかしよっと。

posted by しらかわ at 18:39| 石川 ☔| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]